マンションを貸したいと考え不動産業者によい方法を相談をしました

売却?賃貸?いやいや。。

マンションを貸したいと考え不動産業者によい方法を相談をしましたマンション一部屋を貸したいとお考えの方

主人だけの単身赴任も考えましたが、子どもが小さいため親子一緒に生活をさせてあげたいと考えました。
引っ越しをすることにしましたが、ここで問題になったのがマンションについてです。
家族全員で引っ越しをするため、マンションには誰もいなくなってしまいます。
マンションのローンの支払いは終了していたので、売却することも考えてみました。
売却してしまえば維持などの心配がなくなりますが、ようやく手に入れたマンションなので手放したくはありません。
仕事の転勤で引っ越しをすることになりましたが、予定の期間が過ぎると戻ることもあります。
現在住んでいる場所に戻ることになるため、マンションは売却などをせずに所有していた方が便利です。
いろいろ迷いましたが、売却ではなくマンションを貸し出すことに決定しました。
マンションを貸したいと考え始めましたが、どのように手続きを進めてよいのかわかりません。
自分たちで借りる人を見つけることもできないので、不動産業者に相談することにしました。
自宅近くの不動産業者で相談をすると、最初に勧められた処分方法は売却することです。
転勤の期間が終わるとこちらに戻るためマンションを貸したいことを伝えると、私たちが困らないための方法を考えてくれました。
普通に貸し出してしまうと、こちらに戻る場合でもマンションに住むことができない場合があるということです。
契約方法によっては再び使いにくい場合があるため、困らない方法で探すことが必要になります。
不動産業者から提案された方法は、定期借家契約と呼ばれているものです。
定期借家契約の特徴は、期間を限定して貸し出すことができる点です。
自分たちが戻る期間に合わせて契約ができるため、もう一度マンションをすぐに住むことができます。
計画期間を限定することができますが、デメリットもあると説明をされました。
貸し出す期間が限定されてしまうため、通常の賃貸料よりも安くする必要があります。
毎月の賃貸料は安くなってしまいますが、将来戻る時のこと考えれば私たちにはベストな方法です。

憧れのマイホームをゲット!しかし。。 | 売却?賃貸?いやいや。。 | 定期借家契約!